スキップナビゲーション

[ 愛犬常識 ]
口コミを読む
わんちゃんの風呂はどうすればいい?
作成日 : 2019-05-31
作成者 : DUZ
照会 : 29

わんちゃんをお風呂させることは、皮膚に細菌やカビなどが繁殖しないようにするために必須です。

しかし、その周期があまりに多かった場合、むしろ肌が乾燥になる可能性があります。 

それで、生ぬるいお湯とわんちゃん用シャンプを使用します。 犬をより簡にお風呂させるためには、水になれるように助けてあげた後、行えばよいでしょう。

 

わんちゃんの健康上の問題とも連があります。わんちゃんの皮膚はpH7.37.5で弱アルカリ性です。これは細菌やカビ菌が繁殖しやすい環境であるため、肌の健康のためにもお風呂をさせてあげるのは重要なことです。

ただし、その周期は場合によって異なりますが、一般的な場合24週間に1回がおめです。

お風呂を頻繁にするとわんちゃんの皮膚保護膜が損傷する可能性があるからです。

皮膚保護膜が損傷するほど頻繁にお風呂をすると、逆にわんちゃんの皮膚と毛が過度に乾燥され、刺激に弱くなる問題が生じることがあります。

 

わんちゃんのシャンプを準備してください。わんちゃんの皮膚は弱アルカリ性です。人の肌はpH5.3で弱酸性です。したがって人のシャンプや石わんちゃんに使用すると、寄生虫、細菌、ウイルスなどに感染しやすいという点を考えてお風呂の前にわんちゃんのシャンプを忘れずに用意してください。


 


まず、お風呂の前に最初にすべきことはブラッシング(くしを入れること)です。

ブラッシングを介して絡まっている毛をあらかじめ綺麗にし、けている毛も除去してあげた後にお風呂にすることをおます。毛が絡んでいて、お風呂する時間が長くなるとわんちゃんにも良くないからです。

 

水の度はぬるめにしたほうが良いです。水は足の部分から湿らせた後、ゆっくりと尾から頭の方向に濡らしてください。ここで水が耳に入らないように注意する必要があります。もし耳に水が入って湿度が上がる場合は、カビ性外耳炎などのになることがあるからです。可能であれば耳に綿をく入れて水が入らないようにしても構いません。

 

もし最初のお風呂またはわんちゃんがまだ幼犬であれば、シャワはなるべく控えてください。シャワの音に驚いたり不快感を感じることができ、これは、お風呂=良いの記憶を植えてくれるのが難しくなります。最初はたらいの水に慣れた後、次のひさごを利用して、ゆっくりと水をかけてあげるのが良い方法です。

 

水を十分湿らせた後にシャンプを前に述べた順にしてあげた後、皮膚と毛をやさしくマッサジしてください。 その後に、顔から水でよくすすいでください。

 

お風呂を終えた後、毛を乾かす時間になりました。長い時間がかかるでしょう。人に比べて、犬は毛が多いからでしょう。特に毛が長くて多いわんちゃんの場合は、コミング(ブラッシング)をしながら乾燥させると中の毛まで乾燥することができます。

 

通常、ドライヤわんちゃんの水を乾かしてあげますが、ここで注意すべき点があります。ドライヤ度が高いと良くないという点です。お風呂させた時の水の度が生ぬるいように、風の度も調節します。下手をすると火傷を受ける可能性があるからです。特に顔の方は、より重にする必要があります。角膜損傷のような目の問題が生じる可能性があります。


http://jp.im-coco.com/




掲示文のリスト
番号
タイトル
作成者
作成日
照会
5
DUZ
2019-05-31
26
4
DUZ
2019-05-31
30
3
DUZ
2019-05-31
26
2
DUZ
2019-05-31
29
1
DUZ
2019-05-31
34
  1. 1